ビデオ編集工房 宙

ビデオ編集工房 宙

「ビデオ編集工房 宙」はお客様の想いを大切にします。
お問い合わせのページ

タップして目次を開閉

ホーム > 撮影のコツ  >機材の準備

明日必要な撮影機材や小道具を準備しましょう

 ここでは、動画撮影前日までに撮影準備をしておく項目や、その心構えなどを紹介します。あと後まで 楽しめる、「ご家族の記録」や、お友達への「一生忘れないお祝いのメッセージ動画」などの 作品つくりにお役に立てば幸いです。


撮影当日は、とにかく色々慌てて必要な機材動画撮影現場に持って行くのを忘れがちです。 当日必要な撮影機材は、少なくとも前日の夜までには準備しておきます。
 できれば、動画撮影のシチュエーションに合わせて、ご自分で必要な撮影機材や小道具の チェックリストを前もって作成して、チェックをつける癖をつけると万全です。動画編集で どうにでもなる、と云う考えは捨てて、ここではくど過ぎるほどの準備をします。

絶対に必要な機材

ディジタルビデオやディジカメ本体

  • 万全を期すためには、予備のカメラがあるともっと完璧。マルチカメラでも、動画編集の時に時間の流れは矛盾なくつなげます。
カメラ本体

記録メディア

メディア


  • どのようなメディアであれ、動画撮影予定時間の2倍程度は準備しましょう。長すぎる分は あと工程の動画編集で調整します。
  • メディアの種類に関わらず、残りの容量には気をつけましょう
  • マイクロSDカードの場合はアダプタを忘れないように

バッテリー

  • 動画撮影予定時間の2倍程度は準備します
  • すべてフル充電することをお忘れなく。
バッテリー

あったほうが良い小道具

三脚や一脚

三脚



  • 動画編集でカットできるとは云え、むしろ絶対にあったほうが良い機材です。
  • 三脚がなければ一脚でも、ないよりはましです。

ヘッドクリーニング機材

  • DVDメディアの場合、動画撮影中のチェックでヘッド汚れのトラブルに対処できます。
クリーナ


レンズクリーニング機材

レンズクリーナー

  • 動画撮影中の雨や埃のトラブルに対処できます。

シチュエーションによってはあったほうが良い小道具

コンバージョンレンズや交換レンズ

  • 運動会などはテレコンバージョンレンズがあると便利です。
  • 狭い室内での撮影は、ワイドコンバージョンレンズが重宝です。
  • 一眼レフやミラーレスの場合は状況に応じた交換レンズが強みを発揮します。
コンバージョンレンズ

フィルタ類

フィルタ

  • 特に海岸のシーンなどでは重宝します。

ACアダプタ

  • 旅行などの長時間外出の動画撮影には必須です。
  • 機種によってはバッテリー充電機能を兼ねているので、その意味でも重宝します。
ACアダプタ

ビデオライト

ビデオライト


  • 感度の良いカメラもありますが、やはり夜間のシーンなどは一味違います。
  • 室内、特に披露宴での逆光などには威力を発揮します。

バッテリー充電器

  • 旅行などの長時間外出の動画撮影には必須です。
充電器


リモコン

リモコン



  • 家族全員動画撮影ではカメラマンも主役が張れますよ。
  • 最近ではスマフォがリモコンの役目を果たす機種も登場しています。

テレビ接続用ケーブル

  • 旅行などで動画撮影内容を宿のテレビで確認します。
  • ディジタルテレビが普及しているので、HDMIが主流です。
  • AV接続用ケーブルがどんなテレビでも接続できて、無難ですがカメラによっては対応してないかも?
ケーブル


 お撮りになった動画編集は「ビデオ編集工房 宙」にお任せ下されば、豊富なサービスメニューの中から、最適なメニューをお勧め出来ますし、


格安動画編集パックをご利用になれば、面倒な問い合わせなしで、 ベストな動画作品をご提供いたします。


  また動画編集に対するご質問はお気軽にこちらからお尋ねください。


動画編集に関するよくあるご質問

 過去にお問い合わせを頂いた中から、頻度の高いご質問に対する回答を纏めてみました。お問い合わせ頂く前に、ご一読下さい。


受注から納品までの流れ

 動画編集に関するお客様からのお問い合わせを頂いた時から、動画作品を お客様に納品するまでの、流れをご紹介いたします。   流れの各ブロックをタップまたはクリックしていただくと、各ステップの詳細をスライドショーでご覧いただけます。


このような手順で動画編集を承っています

 お客様から実際に動画編集を承ったら、次のような手順で、お客様とのやり取りを繰り返しながら、編集作業をやらせて頂いています。


動画撮影のコツを伝授します

 誰でも手軽に撮影できるのが、ビデオカメラの楽しいところです。所が、料理でも「材料で勝負が決まる」と言われているのと、全く同じ事が 動画作品でも言えます。 ここでは多くの動画撮影や動画編集に携わった 経験から、 「魅せる動画作品を作るために、ホームビデオ撮影のコツや、 テクニックを紹介します。


こんな事が知りたい


こんな動画が作りたい

こんな時はこんな技を使いましょう


 プライバシー保護のため、jPRSのSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。第三者によるデータの盗用などを防止し、安全にご利用いただくことが出来ます。

代表からご挨拶

 「ビデオ編集工房 宙」は「お客様の想いを大切に、キレイに」をモットーに、 日夜感性と腕を磨き続け、お客様のお声かけをお待ちしています。
どうぞ、何なりとお気軽にお問い合わせくださいますよう、お願い致します。

代表 八坂 武人
〒841-0046 佐賀県鳥栖市真木町2087

動画に関する豆知識

ISO感度


 ISO感度とは、国際標準化機構(ISO)で策定されたフィルム感度の表示方法です。 デジタルカメラの場合は、撮像素子の感度のことを示します。 最近のデジタルカメラではISO 100~ISO 12800程度まで搭載されており、 基本的には高画質の写真を撮影したいならISO 100~ISO 200の低感度を選んで撮影し、 動きのある被写体など手ぶれしやすいときのみISO感度を上げて使うといいでしょう。

ページのトップへ戻る


その他のページ

ページのトップへ戻る